話題のジルコニア製のインプラントって?

現在主流となっているチタンインプラントは、金属アレルギーを引き起こすことがあります。
チタンインプラントに不安がある場合は人工ダイアモンドを使用する方法で、金属を入れないやり方もありますので心配する必要はありません。

チタン製は金属なのでもちろん電流を流すのですが、その過剰な電流が体調不良の原因になる可能性があります。
それだけでなく、金属は体内に溶け出すため、それが体に何らかの害を与えるということがわかってきました。
また、今のところは特に表立った症状がなくても金属アレルギーの体質である可能性は十分にあり、チタン製のインプラントが金属アレルギーの引き金になったという人も実際にいます。
そういった理由から、最近では金属を使わない歯科医療に注目が集まっています。

そこで新たに主流の素材になりつつあるのが人工ダイアモンドなのですが、人工ダイアモンド(ジルコニア)インプラントは人体への安全性や審美性が高く、満足度も高い素材として話題となっています。
ジルコニアインプラントは金属ではありませんので、当然ながら金属アレルギーの心配は一切なく、過剰な電流が流れたり体内に溶け出しません。

あまり知られていませんが、チタン製は数年後に歯茎が後退する可能性があるのですが、人工ダイアモンド製のジルコニアは歯茎との親和性が高いので歯茎が後退することがありません。
骨との結合力も高いので安定性も高くなります。
チタン製は歯茎が後退して金属が露出することもありますが、ジルコニアでは万が一個人差によって歯茎から露出したとしても、白いので歯のように見えるため美しさを損ないません。

さらに、ジルコニアインプラントは何年経過しても歯や歯茎はきれいなままで変色もありません。
金属であるチタンは溶け出すのでそれが歯茎を黒くして変色しまうことがあるのですが、非金属であるジルコニアは溶け出すことがありませんので、歯茎の黒ずみも気にしなくて良いです。

天然のダイアモンドは最も硬い宝石なので、人工ダイアモンドも非常に硬い素材です。
強度に優れていて安定性が高いので破損などを心配することなく、本物の歯と同じような咀嚼ができると言われています。

ちなみに、インプラントとセラミックを混同している人が多いですが、セラミックは今ある歯の上から被せ物をするものです。
歯の根っこを残してセラミックで作った人工の歯を被せる方法を言います。
インプラントは歯の根っこを人工的に作りますので全く異なるものです。

人工ダイアモンド製のジルコニアインプラントは、原料が高額な上に技術料や設備費などがかかりますのでどうしても高額になってしまいます。
インプラントは基本的に自由診療なので全額負担となります。
しかし、今後を考えると人工ダイアモンド製のジルコニアインプラントは、金額に見合った優れた歯が手に入ると言えます。