歯科でのインプラントってどれくらいお金がかかるの?

歯科で行われるインプラントは多くの人が受ける治療として普及しています。
しかし、保険外治療なのでインプラントに興味はあっても、費用の面で悩んでいるという患者さんも多いです。
保険治療は国によって治療ごとに細かく点数が決められていて、国内で同じ治療をすれば費用は変わりません。
けれども、保険外治療の場合は歯科医院が独自に治療費を決められるために、同じ治療をしても費用には差が出ます。

そのため、歯科のインプラントの費用は安い所から高額の所まで様々なのですが、相場としてかかる費用の目安を出すことができます。
まず、インプラントは初診で受診していきなり治療に入るわけではありません。
レントゲンやCTを撮影して詳細な検査を行わなければいけないからです。
検査費用として1万~5万円程度の費用がかかります。
骨の状態によっては、治療を希望しても治療が受けられないケースもあります。

検査の結果、インプラントができるという診断が出たら、インプラント体というチタン製のネジを埋め込む手術を行う日程を決めます。
手術は日帰りで行える内容のものですが、10万~40万円ほどの金額が必要になります。
歯科によっては、現金一括払いの他にカードやローンを取り扱っているところもあるので、支払い方法は相談しましょう。
金額が高額になると、持参するのが大変であるため、治療の度に少しずつ払っていく所もあります。

手術が終わったら、消毒などをしてインプラント体の上に装着する人工歯の治療に入ります。
人工歯はセラミックや人工ダイヤモンドなどの素材が使われていますが、10万~15万円が相場です。
これらの費用は、全てインプラント1本あたりについての費用なので、失った歯の本数が多ければ多いほど費用は高くなっていくことになるので、参考としての金額として考えましょう。

歯科医院によっては、まとめてインプラント治療をすればするほど、1本あたりの金額が安くなるという料金設定をしている所もあります。
患者さんによって使用するメーカーが変わりますし、サイズなどにより金額は多少前後します。
最近は、手術をしてから3年や5年の間、インプラント体にトラブルが起きたら無償で治療をやり直すという保証をつけている歯科医院も多いです。
患者さんが安心して治療を受けられるようにするため、事前の説明は無料という所もあります。
分からないことがあれば相談して、納得してから治療を受けるようにしましょう。