歯医者でインプラント治療をした後に歯列矯正はOK?

歯を失ってしまってインプラント治療をしたい、また歯並びも少し治したいと歯医者さんに行くのですが、どちらの治療を優先すべきなのでしょうか。
どこの歯医者さんに行ったらよいのでしょうか。
見た目の問題もあり、歯を失った場所の治療を先にしたいと感じる人も多いでしょう。
どの歯医者さんに行ったらよいか分からない場合は掛かりつけの歯医者さんに相談してみるのも一つの選択肢です。
希望する治療をどのように進めるかアドバイスしてもらえるかもしれません。

希望通りの治療を受けたいなら東京の茅場町にある歯医者を訪ねてみましょう。
気軽に相談を聞いてくれるはずです。

歯列矯正は矯正歯科で行い、矯正歯科学会というものがあります。
インプラント治療は口腔インプラント学会というものがあり、別々の分野の治療ということになります。
しかし、両方の治療を行っている歯医者さんも多々あるのは双方が密接な関連のある場合が多いからです。
それぞれの分野において治療を行うには高度な知識と技術が必要となるのです。

インプラントは歯槽骨に直接人工歯根を埋め込んでしまうので、埋め込んだ人工歯根が定着した後に歯を動かすことは不可能です。
順序から言うと、矯正治療をした後にインプラント治療を行うということになります。
しかし、インプラントと歯列矯正を同時に行う場合もあります。
インプラント治療の前に埋入の適切な場所を確保したり、スペースを作る場合や人工歯根を埋入する以外の場所の歯並びや噛み合わせを整えておく場合などがそれにあたります。

同時に行う場合の進め方ですが、矯正治療を先に進めて見通しがついたらインプラントを埋め込むという方法です。
人工歯根は埋め込んだあと安定するまで3か月程度待たなくてはなりません。
安定して、人工歯を装着するタイミングと矯正治療が終えられるタイミングを合わせることを目指します。
この方法は最初の状態から最終的な状態が大きく変化することが予想される人に向いている治療法です。

もう一つの進め方は、矯正やインプラント治療に先駆けて最終的に目指すかみ合わせや歯並びをシミュレーションします。
そのデータを元に人工歯根を埋め込み、その後矯正治療を行います。
これは人工歯根はいったん入れると位置を動かすことが不可能なことを利用して、その歯を移動する歯の固定源として使用して治療を行います

上下で噛みあう歯が少なく食事をとるのが困難な場合や急いでインプラント治療を行う必要のある人、人工歯根を先に埋め込むことでその他の歯の移動が有利に行える人に向いている治療法です。