歯の根元、歯根と呼ばれる部分を失ってしまった時にとられる処置の多くは「差し歯」「ブリッジ」と呼ばれる方法を取ります。
ですが、これらは、見た目があまり美しくないとか、堅いものが食べにくい、味があまりしないなどといった問題が起きることがあります。
また、一生のうちに何度も作り直さなくてはならず、その点からも負担に感じる方も多いようです。

中には、歯を失った状態のまま放置してしまう方もいらっしゃるようですが、その場合にはほかの健康な歯への悪影響が心配されますので、歯科医と相談の上何らかの処置をとるほうが良いでしょう。
これらのデメリットを払拭するのが「インプラント治療」です。
インプラントとは「埋め込む」という意味であり、その名の通り骨に人工歯を埋め込むという方法を取ります。

インプラント治療ってこんな感じ

インプラント治療をする歯科医

まず、失った歯の歯根があった箇所の顎の骨に穴をあけ、土台となる金属部品・フィクスチャーを埋め込みます。
そしてフィクスチャーの上部に位置するアバットメントと呼ばれる部分に人工歯をかぶせるとインプラント治療が完了します。
構造上金属部分が表面に現れることはなく、人工歯も極めて自然であるため、前歯などの目立つ部分であっても違和感のない仕上がりになります。
インプラントは、まるで自身の歯であるかのように違和感なく、かみ合わせも自然な人工歯根治療であるといえます。

さらに、ブリッジ、差し歯と比較した場合の耐久性も優れており、噛む力も本来の歯とそん色ありません。
フィクスチャーを骨に直接埋め込み、結合させ、アバットメントに人工歯を取り付けることにより、力強く噛むことが可能になり、顎への刺激も十分にあります。
そのため、一般的な人工義歯とは異なり、味覚を損なうこともありません。
まさに「第二の歯」と呼ぶにふさわしいものであるといえるでしょう。
一本の歯の場合でもたとえすべての歯を失った場合でも、噛む力や味覚、さらには外見まで損なうことがないインプラント治療は、世界中で広がりを見せています。
見た目を損なうことなく本来の歯と変わりない仕上がりを期待することができることから、若い方々からの人気が高いことが特徴です。

また、いつまでもおいしく、楽しく食事を続けたいと考える中高年の方からの需要も多いこともまた特徴の一つであるといえます。
インプラントは今や特別な手法ではありません。
差し歯、ブリッジなどと並ぶ歯科治療の基本になったといっても過言ではないでしょう。

もし、最新のインプラント治療を受けたいと考えているなら大都会東京で手術するべきでしょう。
インプラント治療を東京で行うことができれば治療設備はもちろんインプラント専門医の高い技術力をもって失敗しないことでしょう。
近所の街の歯医者にインプラント治療を任せるより、東京の歯医者に任せて安心安全の歯科治療を行いましょう。

妊婦や肝疾患のある人は手術できないこともある

失った歯を取り戻すことが可能なインプラント治療ですが、残念ながらどなたでも利用できるわけではありません。
たとえば、骨粗しょう症などで骨がもろくなっている方は利用することが難しいでしょう。
骨に穴をあける必要があるためです。
また、成長期が終わっていないお子様もインプラント治療を行うことは難しいでしょう。
成長期は身長だけではなく、顎も上下左右に成長を続けます。
たとえフィクスチャーを埋め込んだとしても、成長によりずれが生じます。
そのような場合には、かみ合わせがずれてしまったり、歪んでしまうこともあります。
口元の歪みは外見にも大きく影響しますので、成長期が終わってから治療を受けるようにしましょう。

肝疾患などの全身疾患の患者さんもまたインプラント治療を受けることは難しいでしょう。
手術時に出血が止まらなくなる可能性があるためです。
同様に骨がもろくなっている可能性がある腎疾患の患者さんも物理的に手術が困難である、ということではありませんが、安全上の利用から治療を行うことは難しいといわざるを得ません。
重度の歯周病患者さんの場合にも、インプラント治療を行うことができない可能性があります。
骨の周囲を溶かす歯周病は、十分な骨の強度というインプラントの必須条件を満たすことが難しいためです。
重度の歯周病患者さんは、歯の周囲の骨がほとんど残されていないため、埋め込むことができません。

妊娠している女性の場合

妊婦

妊娠している女性の場合も同様に、母体・胎児ともに危険を伴う可能性があるため難しいでしょう。
手術の際の麻酔や、術後の薬の服用が胎児に悪影響を及ぼす場合があります。
妊婦さんはつわりで気分が悪くなったり、早産の危険性もあります。
インプラント治療を希望する場合には、出産後ある程度たってから行うようにしましょう。
インプラントに用いられる金属についてですが、その多くはチタン製です。
医療用の純チタンであるため、金属アレルギーを起こす可能性は低いといえるでしょう。

しかし、可能性はゼロとは言い難いですし、骨に直接埋め込み、結合させるという仕組みから不安に思う方も少なくないと思われます。
近年、チタン以外の製品も出ていますので、不安な方は医師とよく相談することをお勧めします。
インプラントは、その仕組みや構造上誰もが行うことが可能な治療ではありません。
しかし、骨移植などにより可能になることもありますし、出産後は手術をすることが可能になります。
希望する方はリスクを冒してまでも強行するのではなく、身体の状態が落ち着いてから行うようにしましょう。